プラントには様々な種類がある

プラントとは、素材や製品などを製造するための設備や、その工場施設全体のことを指しています。また、プラントといっても、その中には様々な種類があり、産業系プラント、化学系プラント、そして環境系プラントの3種類に分類されます。産業系プラントには、医薬品や食品などをつくる工場やセメント工場などが含まれます。化学系プラントは、ガス精製工場や発電所などです。そして、環境系プラントには、浄水場やゴミ処理場、下水処理場などがあります。

プラント施工管理の仕事内容とは

一般的な施工管理の仕事と同じように、プラント施工管理でも安全管理や工程管理、品質管理や原価管理といった業務を行っていきます。ただし、ほとんどが大規模な物件であるプラント施工管理の場合、携わる作業員の数も多くなるため、工程管理をする上で効率の良さも求めていかなければなりません。また、特殊な機械や危険物を扱うこともあるため、専門知識やスキルも求められるようになります。そのため、他の施工管理の仕事に比べると、より高い能力が必要になると言えるでしょう。

プラント施工管理に必要なスキルとは

施工管理の仕事をする上では、一般的には土木施工管理技士や建築施工管理技士などの資格を持っていると有利と言われています。しかしながら、プラント施工管理の仕事においては、プラントの種類によって求められる能力が異なってくるというのが実情です。そのため、危険物取扱者(甲種)や公害防止管理者など、その分野で必要とされる資格を調べて取得していくようにしましょう。

プラントの派遣の職種には、施工管理技術者・CADオペレーターなどがあり、プラント現場に合った人材を派遣しています。

Menu