プラントの施工管理って何をするの?その重要性と仕事内容について詳しく知ろう!

何が必要なのか?プラントの施工管理について知ろう!

プラントとは一般的に工場のことですが、建設業界では「製造設備関連を含めた製造工場施設」のことを指します。プラントはガス・ガソリンなどのエネルギー、製品の原材料、そして医療品や食料品など様々なものを製造し生活を支えてくれています。プラントの施工管理とは、プラントの新設や増設、改修などの際に安全面や工期を考えながら、計画通りに施工が進むよう管理する仕事のことです。

プラント建設は他の建設現場より規模が大きく、また工場に必要な部品や機械なども業種によって特殊なものが多いという特徴があります。そのため建築や土木関連の知識の他に、担当する業種の専門的な知識や資格が求められます。同時に長い工期や関わる人数も多いことから、交渉力やマネジメント能力、そしてコミュニケーション能力も必要とされています。

何を行うのか?プラントの施工管理の仕事を知ろう!

プラントの施工管理の仕事として、先ず基本的な建設業務があります。工期のスケジュール管理、作業工程の安全管理やリスク管理と共に、規模の大きさや高額な機械使用のため原価管理も重要です。次の仕事として、プラントの設計や製造が挙げられます。高度な機械を扱うケースが多く、また様々な分野の設計が必要となるため専門知識が必要であり、専門分野のエンジニアとの協力も不可欠です。

また設備が正常に稼働し、不良品の混入がなく製品が製造できることを確認するという品質の検査業務も、仕事となります。加えて設備の試運転やメンテナンスも施工管理の仕事です。プラントの建設完了後に機械が稼働するか試運転を行い、チェックします。もしトラブルがあれば工期内に解決しなければならないため、試運転は重要な工程となっています。

プラントの施工管理は、製造工場における工程や品質、安全の管理を行う仕事です。施工管理の専門知識のほかに、その業界の知識も必要です。

Menu