プラントの定修とは?

さまざま化学製品を作る大規模なプラントには、定期的な修理・修繕が必要です。これを定修と呼びます。定期的な設備の調整や部品の交換、清掃などを行わないと、いざという時にトラブルが発生して生産性が落ちたり、酷い場合には大事故にも繋がりかねません。定修の際は、プラントを停止し、稼働中にはできない修理・修繕作業を行います。

具体的な定修の作業内容

最初の作業は点検作業です。目視で点検を行い、各箇所の状況を整理し報告書を作成します。報告書の内容を基に修理・修繕の優先度をつけ、修繕計画を立案します。次は具体的な修理・修繕作業です。修繕計画に基づき、部品の調整や交換を行っていきます。最後はプラント稼働中に溜まった汚れの洗浄作業です。場合によっては、プラントの生産性や安全性を上げるための改造を加えることもあります。

プラントの定修は多くの人材を必要とします。具体的には、足場の組み立て業者、溶接工、解体業者、プラントのパーツを納品しているメーカー担当者などです。

定修の施工管理の魅力とは?

定修には、上記の作業を計画通りに進めるために各作業員を取りまとめる施工管理という仕事があります。現場作業とは異なり、必ずしも特殊な資格を必要としないため、未経験者であっても挑戦できることは魅力です。またプラントは一定期間以内に定修を行わなければならない、という法律が存在するため、安定した仕事量を確保できる点もメリットです。決められた停止期間中に必ず作業を終わらせる必要があるため、スポット的に長時間労働が生じるという大変さはあるものの、比較的高収入でありやりがいのある職種と言えます。

定修というのは、定期修理の略称です。特に、プラント設備に対して定期的に行われる点検や修理に対して使われることが多い言葉です。

Menu