仕事はやりがいと給料のバランスが重要

仕事探しをするときには給料が高い方が良いと考えるのはもっともなことですが、転職をする人は必ずしもお金にこだわって次の仕事を探しているとは限りません。やりがいがある仕事をしたいという気持ちで転職することもよくあります。例えば、ものづくりに貢献したいと考えて工場からの求人を探したり、作られた製品を売る立場になりたいと思って営業職や販売職を探したりするケースも多いのです。しかし、給料が低いと生活が苦しくなってしまうのも確かで、老後のための貯蓄もしていきたい人も多いでしょう。そのため、仕事探しをするときにはやりがいと給料のバランスを考えて決めるのが重要になります。

福利厚生を重視した選び方も魅力的

やりがいと給料に加えて福利厚生も考慮するのも肝心です。仕事先によってどのような福利厚生を受けられるかが異なり、やりがいや給料以上に意味を持つこともあります。例えば、工場の求人では住宅補助が充実しているケースが多くなっています。工場は郊外にある場合が多いため、社員寮を安く利用できるようにしていたり、住宅を購入した人のために補助を出したりする仕組みがあったりするのが一般的です。実質的にはお金を支給してもらっているのに近く、住居費の削減につながります。そのため、給料が少しくらい低めだったとしても家計の収入と支出の関係を見ればプラスになります。このような考え方で福利厚生を見ると、働きやすい待遇があったり、お金を増やしやすかったりするのでよく確認してみるのが大切です。

ものづくりの現場で、キャリアアップするには経験と知識が欠かせません。utエイムは豊富な派遣実績とキャリアアップ制度を兼ね備えているので、自分の理想に適った現場で経験を積み、スキルアップが図れます。

Menu