残業の有無で工場を選ぼう

残業をしない方針の工場もあれば、残業を求める方針の工場もあります。残業をしない方針の工場は?忙期でも残業を求められることはありません。残業を求めない代わりに休日出勤を求められるケースもあるので、その点は面接時に質問しておくと良いでしょう。残業をしてほしいと考えている工場は、残業代を支給してくれるでしょう。残業代の金額は工場によって異なるので、できるだけ残業代の多い工場を選ぶのが良いと考えられます。残業の時間も工場によって異なります。1時間の残業で終わる工場もあれば、3時間以上の残業を求められる工場もあるので残業時間を基準に工場の求人を選ぶのも1つの方法です。

通勤時間や交通費を基準に選ぼう

工場の求人を探すときには通いやすさを基準にするのが重要です。できるだけ通勤時間の短い工場を選ぶのが良いでしょう。家から徒歩や自転車で通勤できる範囲の工場をピックアップしてみるのが効果的だと言えます。徒歩圏内や自転車通勤の圏内に工場がない場合は、電車通勤やマイカー通勤を考慮するのも良いでしょう。電車通勤の場合は交通費の支給額もチェックしておくのが大切です。交通費の支給額だけで電車通勤できるのが理想的だと言えます。交通費の支給額を超える距離の電車移動をしてしまうと、給料から電車代を出すことになるので注意が必要です。また工場によっては寮や社宅を用意してくれるケースもあります。住居に困っている人は寮や社宅のある工場を探すのも良い方法だと考えられます。

大阪の工場の求人はインターネットの求人サイトの活用が便利です。条件を検索するだけで企業を絞り込んでくれ比較検討がしやすいです。

Menu