警備員の種類を知ろう

あなたは今警備員の仕事を求めて求人募集を見ていましたか?でもその前に自分がやりたい警備の仕事にどんな種類があるのかを知っておく必要があるかもしれません。漠然と警備的な仕事をしたいと考えているならもう一度考えを決めるために参考にしてみてください。

どんな仕事があるのか?

具体的に警備員の種類を見てみましょう。「1号警備員」と呼ばれる警備の仕事は主に屋内店舗に常駐する警備員を指します。施設の巡回やお客の動向を見たりといった観察も必要です。「2号警備員」と呼ばれる分類には、車を運転している人にはなじみのあるでしょう、路上での交通誘導や警備を担う人達がそれに該当します。片側相互通行時での交通誘導は事故が起きないように慎重に行う必要があります。天候や季節によっては非常に体に負担のかかる職場でもあります。

「3号警備員」は主に貴重品の運搬に伴う警備です。運搬に同行して盗難や事故を防ぐ役割があります。日本ではなかなか事件に遭遇することはないでしょうが、いざという時の対応や身体的能力の高さを備えておく必要はあるでしょう。「4号警備員」は要人警護です。主な対象が政治家、経営者、芸能人といった襲撃を受ける可能性のある人達の身辺警護です。非常に高いスキルと経験を積んだ人ではないと非常につらいものにもなりえる厳しい仕事でしょう。群衆の管理や敬語にも対応しなければならないでしょうが、時には要人と協力して活動できるなど、やりがいも大きい仕事です。

警備員への第一歩を進もう

具体的に決めたらいざ警備員へと一歩を進めるわけですが、もちろん入社すれば様々な業務に対するルールを叩き込まれるでしょう。一定の訓練、教育を受けてからやっと現場に出ることになります。

近年は女性の人材を求めている警備員の求人が増加しています。その理由としては警備員は身体検査をする機会がありますが、女性の身体検査は同性が行わないと問題が発生する可能性が考えられるためです。

Menu