就職してから失敗を感じる理由

求人情報と現実のギャップから就職してから悩む人がいます。入社してからすぐの実習などの間は仕方がないでしょう。しかし2、3年経っても自分のやりたいと考えていた仕事ができなかったら問題です。いざ入社してみたら会社の雰囲気が入社前と全然違うと感じることもあります。こうしたことが起こるのは求人情報を手に入れた後にしっかりと内容を確認していないからです。入社直後の研修などでは何を目的として、何をするのか。入社した後、仕事の内容がどのように変化していくのか。これらの入社後のことについて具体的にイメージしておかなければなりません。入社後の業務内容は説明と一致していても実際の業務は想像していたより単調で続けられないと感じることもあり得ます。

失敗しない求人情報の読み方

求人情報には必ず企業のビジョンやミッションの形で企業から応募者へのメッセージが書かれています。これは企業の応募者へのアピールだけではありません。求める人材について、どのような働き方を期待しているかを示しています。同時に企業が大切にしていることと、自分が働く上で大切にしたいことが一致しているかを考えることも大切です。事業内容や募集背景にはどの職域にどのような人を募集しているのかが書かれています。ここで分かるのは自分がやりたいことと一致するか否かです。仕事内容の項目にはキャリアプランや入社後の研修などについても書かれています。募集背景や求める人材と合わせて分かるのは、入社後の働き方です。求人情報を読むときは、このように自分の持っている将来の働き方のイメージと求人情報を比較しながら読まなければなりません。

ネットワークエンジニアの仕事は、将来性が見込めます。何故ならクラウドの普及が加速しているため、仮想ネットワークを構築する技術が求められているからです。

Menu